【保存版】JALとANAのマイルをポイントサイトで効率よく貯める方法【大量にマイルが貯まります】

 

「JALとかANAのマイルを貯める方法はないかな?マイルを大量に貯めることが出来たら、家族や恋人と海外旅行に行けるのになぁ」

「マイルをもっと効率よく貯めるコツはないかな?出来れば簡単でおすすめの方法をわかりやすく教えてほしい」

 

こんな悩みにお答えします。

 

この2つはマイルを貯める方法として全く非効率です

 

これまで、マイルを貯める方法は以下の2つが主流でした。

 

1)飛行機に乗る

2)クレジットカード決済する

 

しかし、ぶっちゃけ、どちらの方法もマイルはほとんど貯まりません

 

例えば、ANAで東京-沖縄をマイルで特典航空券に交換し、フライトしたい場合は、18,000マイル必要です(レギュラーシーズン)。しかし、、、

 

1)飛行機に乗る

東京-大阪間で飛行機に乗ったとして、貯まるマイルはたったの280マイル(ANA、区間基本マイル)。18,000マイル貯めようと思うと、18,000÷280≒64.29回もの搭乗が必要です。

 

2)クレジットカード決済する

クレジットカードの還元率のベースは0.5~1%。仮に1%のカードで決済しても、18,000マイル貯めようと思うと、180万円の決済が必要です。多くの人が持っているカードの還元率0.5%だと360万円です。

 

よって、これまで常識だった上記の2つの貯め方で、マイルを貯めていると、世界一周やファーストクラス、はたまた家族でハワイなんて夢のまた夢なんです。仮に150,000マイルをクレジットカードで決済して貯めるとすると、1,500万円分の決済(還元率1%。0.5%だと3,000万円!)が必要です。はたして何年かかることやら・・・。

必要マイル数
エコノミー ビジネス ファーストクラス
世界一周 65,000マイル 105,000マイル 160,000マイル 全旅程距離17,868マイル(※)東京-ロサンゼルス-ニューヨーク-パリ-東京
長距離便 50,000マイル 85,000マイル 150,000マイル 東京-ニューヨーク、レギュラーシーズン
家族(4人)でハワイ 160,000マイル 260,000マイル レギュラーシーズン

※マイル数の計算はこちらのサイトで行いました。
Star Alliance Round the World Booking Tool – Star Alliance

 

【断言】ANAのマイルはポイントサイトで貯めると効率が良いです

 

結論から言いますと、JALやANAのマイルはポイントサイトを利用して貯めるのがおすすめで、最も効率よく貯めることが出来ます。
(JALは少し効率が落ちるので、以後はANAマイルを貯める前提でお話しします。)

 

ポイントサイトとは?

成功報酬型広告を中心に広告代理業を行うサイト。お小遣いサイトとも呼ばれる。(Wikipedia)

 

う~ん、Wikipediaの説明だと、何だかよくわかりませんね、図で説明します。

上記の図を見ていただければ、わかると思いますが、究極的に簡単に説明すると、

ポイントサイトとは?

ポイントサイトとは、 サイトに掲載されている広告を通じて、あなたがショッピングやサービスを利用すると、所定の報酬(ポイント)が受け取れるサービスを行っているサイトのこと。(ヒロ的説明)

 

代表的なポイントサイトとして、以下のような「ハピタス」というポイントサイトがあります。

 

ポイントサイトだとあっという間に10,000ポイントが稼げます。

 

例えば、ハピタスにこんな広告が出ています(記事執筆時)。

ハピタスに出ているこれらの広告から、クレジットカードを発行すれば、あなたにポイントとして報酬がもらえる仕組みになっています。具体的には、

7,000+5,250+4,000=16,250ポイント(※)

が獲得できます。ちなみに上記のカード発行&年間の手数料は無料ですので、完全ノーリスクで16,250ポイントを獲得出来たことになりますね。

 

(※)なお、この記事では獲得したポイントをマイルに交換することを前提にしておりますが、1ポイント=1円の価値を持っていますので、そのまま現金に交換しても16,250円を稼いだことになります。

 

【裏技】ポイントサイトで稼いだポイントをANAマイルに交換する方法

 

ポイントサイトのポイントは、実は他のポイントサイトや電子マネー、航空会社のマイルに交換することが出来るのをご存知でしょうか?

例えば一例として解説すると、上記の図は「Gポイント」というポイントサイトなのですが、交換出来る他のポイントサービスの一覧を表示しています。各ポイントサイトによって交換出来る先が少しずつ異なる(例えばハピタス→ANAマイルは交換不可)ので、あくまでも一例として見ておいてほしいのですが、ここで注目すべきなのは、ANAマイルへの交換率

 

Gポイントのポイントは「1ポイント=1円」の価値を持ちます。ANAマイルも「1マイル=1円」です(これには色々考え方がありますが)。つまり、Gポイントの1ポイント=ANA1マイルで等価なのですが、これをANAマイルに”直接”交換すると、30ポイントが10マイルになり、価値が約3分の1に減ってしまいます

 

これでも、飛行機に乗ったり、クレジットカードを決済したりしてマイルを貯めるよりも、かなり効率良くマイルが貯まるのですが、このポイントサイト間の交換率がポイントサイト各社で異なっています。そこで、良く良く考察してみると、もっと交換率の良いルートがあることに気付きます。

 

そのルートとは「LINEルート」と言われているルートになります。

上記の通り、各ポイントサイトからポイントを集めて、LINEポイントへ集約することから、「LINEルート」と言われているのですが、LINEポイントにポイントを集めた後、メトロポイント→ANAマイルへ交換すると、何と先ほどのGポイントでは交換率が約33%だったのに対し、LINEルートでは81%(90%×90%)の高還元率でポイントをANAマイルに交換することが出来ます

 

このルートを使って私も毎月18,000マイルを貯め続けています。年間にすると216,000マイルになります。この216,000マイルがどのくらいの価値を持つかは、前述した通りです。このノウハウを知っているか知らないかで、ANAマイルを貯めるスピードが全く異なるので、知らないでいると人生において大きな損をしてしまいます。ぜひマスターしておいてください。

 

まとめ

 

1)フライトやクレジットカードではマイルはほとんど貯まらない

2)LINEルートを知り、理解する

3)ポイントを貯める

4)LINEルートを使ってポイントを移行し、ANAマイルを貯める

 

私もこのANAマイルを貯める方法を知った時は、衝撃でした。世の中にこんな方法があるのか、と。それからは夢中でノウハウの習得と、ポイントを貯める実践を行いました。

 

そのおかげで、今はほとんどコストをかけず飛行機に乗れますし、上級会員にもなれました。また上級会員というステイタスを味わった私は、SPGアメックスカードを利用してホテルのステイタス会員にもなり、今までよりも少しリッチな人生を送れるようになりました。最初はわからないことも多いと思いますが、継続してポイントサイト→ANAマイルに交換するノウハウを習得してみてください。プチリッチへの道はすべてここから始まります。